肌の老化とコラーゲンの仕組み 3

では質の悪くなったゼリーをどう改善するのか……?これは様々なアプローチがあります。シワやたるみ部分のコラーゲンに働きかけるために美容液という形になる事もあります。ですが全体の質を向上させるという方向で捉えたほうが、部分的なケアよりも効率が良いかもしれません。ですからコラーゲンの摂取のよってコラーゲン生成を促す事がベターと言えるのではないでしょうか(同時進行のケアが最も良いのはもちろんです)

コラーゲンは先に言ったように血管にも必要な成分です。要するに血管に必要ということは全身に必要なのです。そして基本的に全身の中で肌がどれほど大切な部位かと優先順位を上げていくと……実はそんなに生きていく上で重要ではありません!
コラーゲンが体内で生成されて最初に届けられるのは脳や心臓といった生きる上で重要な臓器が最優先にされます。ですからまず必要なのは臓器のケアです。コラーゲンを飲んだり食べたりしてもなかなか効果が出ない……と嘆かないでください。体内では確実に痛んだ臓器の修復が行われています。

コラーゲンの損傷に力を貸しているのがストレスや酸化です。あなたは毎日どんな生活を送っていますか?心楽しく、きれいな空気の中でバランスのよい三食を腹八分目に食べ、早寝早起きな日々を過ごしています!と断言できる人は残念ながらあまり居ないのが現実でしょう。私たちの体は思う以上に疲れています。
一日あたり5グラムのコラーゲン摂取を生成に役立つビタミンCと一緒に摂取するのを最低でも一ヶ月は続けてみてください。何らかの効果を得るには最低でもその程度はかかります。体内の損傷具合によっては三ヶ月から半年とも言われています。