コラーゲンの作用

コラーゲンは、人だけではなく、あらゆる動物の体の中に存在しているたんぱく質の一種です。人の体内にあるたんぱく質の3分の1を占めていて、更にその内の4割が皮膚に含まれているため、美肌作りに欠かせない物質として注目されています。皮膚の中のコラーゲンが潤いを保ちながら、細胞同士を繋ぎ合わせてくれているから、肌の弾力やハリが保たれているのです。コラーゲンは、肌の他に骨、軟骨、内臓や血管、目の網膜や歯など、体のあらゆる所に存在し、細胞同士を繋ぎ合わせてくれています。

コラーゲンは元々人の体の中で生成されている成分ですが、その生成能力は年齢を重ねる毎に減少して行きます。個人差はありますが、35歳を境に生成されにくくなると言われています。そして、生成能力が衰えると、毎日2mg~5mgのコラーゲンが体の中で消費され始めます。新しく生成されないのに消費だけされてしまうので、肌や体に変化が生じてしまうと言う訳です。

消費されて行くコラーゲンを補充するには、豚バラ肉や牛すじ、鶏皮、鶏手羽、鶏の軟骨、魚ならカレイやうなぎを食べるのが良いのですが、これ等の食品を毎日食べるのは簡単ではありませんし、カロリーも気になりますよね。そこでお勧めしたいのがコラーゲンサプリです。

サプリならば、手軽に摂取する事が出来ますし、摂取容量も決まっていますから、カロリーを気にする必要もありません。ドラッグストアやコンビニなどでも販売されていますから、自分に合ったものを選んで試してみると良いでしょう。