コラーゲンは効果なし!? 2

またコラーゲンは美肌に効果なしとする人々も骨粗しょう症、関節炎の予防にコラーゲンが効果的である事は認めています。どちらもなってしまうと非常に辛い症状ですので予防できるなら嬉しい事です。
またコラーゲンが全部肌に行くわけではないというのは事実ですが、コラーゲンを経口摂取するとコラーゲン代謝がよくなる……つまり粘膜・皮膚の形成が活発になるという研究結果があります。またコラーゲンが消化されるとき血中に残る分解物が傷の修復を助ける細胞を活性化されるといった研究結果も出てきています。効果がないという説もどうやら不動の地位にいるわけでは無いようです。


というわけで「全く効果がない」というのは嘘だと言ってもよいとは思います。ともあれ漫然と口にすればそれでOKというわけではないのも事実です。
アミノ酸がコラーゲンを形成するにはビタミンCが必要になります。ビタミンCは非常にストレスによって消費されやすく、不足しがちな栄養素です。コラーゲンだけ取って安心しないでビタミンCを忘れないでください。

また肌作りに絶対に必要なのは充実した睡眠です。生活の都合上、時間があまり睡眠に割けないという方も、短時間で効果的な睡眠が出来る環境づくりをしましょう。体を圧迫しない服装や、吸湿放湿性に優れた素材・体にあった寝具選び・リラックスできる環境づくりなどです。
そういった事情がないのについ夜更かししてしまう方は自分の生活を見直してみましょう。案外そういった方は単にずぼらだったり自己管理が出来ないのではなく、ストレスが原因で寝つきが悪くなっているケースが多いのです。