効果的にコラーゲンを吸収する方法

もちもちのお肌になりたい人も、軟骨関節の痛みを緩和させたい人にも効果を発揮するのがコラーゲンです。この成分をより効率的に体内に吸収する方法をご紹介します。

錠剤でも液体でも、摂取したコラーゲンがそのまま体内で機能すると言う事はありません。以下のような順序で体の中で分解されてから機能するようになります。

1.たんぱく質を構成する要素である、アミノ酸へと分解。
2.体内にあるたんぱく質を使ってコラーゲンを生成。体内にたんぱく質が不足していると、成分をを生成出来なくなります。普段から質の良いたんぱく質を摂取する習慣を付けておく事が大切です。

ビタミンCや鉄分とコラーゲンを同時に摂取すると、吸収率が高まるだけでなく、体内でのコラーゲンの生成が促進されます。手軽にコラーゲンを摂取しようとサプリを利用しているのであれば、ビタミンCや鉄分が同時に配合されているものを選んで利用すれば効果が高まります。もし、配合されていないものを常用している場合は、意識してビタミンCを多く含んだフルーツを食べたり、食事のメニューに小松菜やレバーを取り入れたりすると良いでしょう。

ただ、フルーツなどでビタミンCを摂取する場合は、少しだけ注意しなければならない事があります。余分な糖分はコラーゲンの生成を妨げてしまいますから、果糖の摂り過ぎに注意した方が良いでしょう。また、甘い物が好きな人も糖分を摂り過ぎないように注意する必要があります。