生コラーゲンをご存知ですか

コラーゲンは人の体に欠かす事が出来ないたんぱく質で、年齢と共に体の中から減少してしまう事は、ここ数年で良く知られるようになりましたね。では、「生コラーゲン」はご存知ですか。どのような成分なのか、少しだけご案内します。

現段階では、人の体には30種類以上のコラーゲンが存在していて、その性質によってそれぞれの部位に分布しています。中でも1番多く存在しているのが「I型コラーゲン」で、骨や皮膚を繋ぎ合わせる役割を担っているだけでなく、肌の奥(真皮)に多く存在し、肌の弾力を保つ役割も果たしています。

I型は3重らせん構造になっていて、人の体内で身を寄せ合う事によってコラーゲン線維を作り出します。この線維が骨や皮膚の弾力を高めるのです。生の場合も、I型と同じ3重らせん構造になっている事から、例えば肌に塗ると、高い保湿効果を発揮すると言われています。

この二つは同じたんぱく質であっても、構造が違っています。生の場合は、ペプチドが3重らせん構造になったままです。しかし通常のものは、加熱すると3重らせん構造が崩れてばらばらになってしまいます。生の場合は非加熱で作られる場合が多く、賞味期限などは短く設定されていますが、その構造を崩さずに製品化出来る高い技術を持った企業だけが、商品として販売しています。

体の中のコラーゲンが減少すると、関節痛などのトラブルが起こりやすくなります。生コラーゲンで肌と体の健康を長く維持して行きましょう。